中イキと外イキって何?あなたは知ってる?

突然ですが、嫁がやらせてくれないと思いながら、このページにたどり着いたあなた!

そう、俺?って思ったあなたです(笑)

中イキと外イキって知ってますか?

あなたは嫁を満足させている?

嫁がやらせてれないと悩んでいるのはあなただけじゃありません。

じゃあ、どうしてそんなに嫁がやらせてくれないと悩む人が多いのでしょうか?

それは、ずばり!

結婚というシステム自体が間違っているから

と言ってしまうと、これだけで話が終わってしまうので、もう少し深く掘り下げてみましょう。

そもそも、生殖行為に快感を伴わせたのが、GOD(神)のすごいところで、生殖行為が苦痛以外の何物でもなければ、どんな生物も子孫を残すことはないでしょう。
植物に快感はないのかもしれませんが、きっと快感なのだと思います。

そんな快感を生殖行為だけでなく、単純に快楽を求めて行うのが人間で、本来の目的以外にこの行為を行うのは、人間とヒト科チンパンジー属に分類される霊長類のボノボだけです。

他の生物は、発情期と呼ばれる生殖行為を促す時期があって、その快感を楽しむというより、生殖行為の目的で行為を行っていません。

なので、特定のパートナーを限定することはありませんし、発情期には、DNAがより強い子孫を残すためにより優れたDNAを求めるわけです。

なので、当然強いものだけが生き残っていく弱肉強食の世界になっているわけですね。
しかし、理性が発達した人間社会において、そのような行為をすれば、世間から犯罪者のレッテルが貼られ、社会から排除されてしまうわけですよね。

なので、人間本来が持っている性的欲求をコントロールし、より高い知性を持っていると証明するために、法が作られて、結婚というシステムが確立したわけです。

私たちの中に埋め込まれているDNAがいつまでも同じDNAで満足するわけがないんですよね。
なので、どんな行為でも当然マンネリ化し、刺激がなくなってきます。

例えば、子供のころ、ちょっとしたものでも買ってもらえたら嬉しかったのに、同じようなものでは物足りなくなってくるのと一緒です。

あなたの嫁はあなたに物足りなさを感じてきているわけです。

当然、これだけが原因ではないですが、大きな原因の一つでです。

なので、その原因を解決するために、あなたは今まで以上により女性のことを知る必要があるわけです。

そんなあなたにお聞きします。

あなたは嫁を満足させていますか?

あなたは、きっとこの答えに答えられないでしょう(笑)

答えられないからこそ、悩んでその答えを見つけようとしているわけですよね。

その答えを見つけるためのヒントが、このページで見つけてもらえたら幸いです。

中イキと外イキ

ちょっとややこしい話をしてしまいましたが、本来の話に戻しましょう(笑)

中イキ と 外イキ

大体想像はつくと思いますが、中でイクのと外でイクことですね。

そのままやないかぃ!!」って怒られそうですが。。。

中でイクのは、まさに、挿入しているときにイクことですね。
もしくは、指を使って膣内への刺激でいかせることです。

で、外でイクのは、挿入を伴わないで、膣外への刺激でイクことです。
女性の万能性感帯であるクリへの刺激でオーガズムへ導くわけですね。

はたしてあなたの嫁はどちらを望んでいると思いますか?

また、中イキを体験しているのでしょうか?

中イキと外イキの違い

女性になったことがないので(笑)、実際のところはわかりませんが、中イキと外イキではその快感は何倍も違うものだといいます。

外イキは、いわゆる男性の射精の感覚に似たようなもので、だんだんと気持ちよくなっていって、突然快感が解放されるような感じだったり、徐々に体が熱くなって最後に電流が走るような感じだったりするものです。

なので、継続的に快感が続くというようなものではありません。
それでも、男性に比べると女性の快感は比べ物にならないとも言われています。

一方、中イキは、そのレベルを超えたもので、体中が痙攣して頭が真っ白になったり、息ができなくなるほど快感が押し寄せてきたり、気持ちよすぎて失神してしまったりするくらいのものです。

中イキの経験を重ねるごとに、その強烈な快感に慣れてきて、失神するようなことはなくなりますが、外イキに比べるとその快感は比べようがありません。

なので、セックスをより楽しみたいという女性は、中イキを体験したいと考えているわけです。

しかし、小学館が発行している「AneCan」が実施した「SEX&SEXLESS白書」によると、
彼とのセックスで毎回イケると答えたのはなんと全体のたった17%なんです!

それが中イキなのか、外イキなのかはわかりませんが、「中イキ できない」というキーワードで検索されているボリュームが月間10万件もあることを考えると、たくさんの女性が中イキの経験がないことは間違いありません。

ぜひ、このことを知ったうえで、夜の生活を見直してみてはどうでしょうか?

女性の生の意見

女性の意見を調べようと思えば、Yahoo知恵袋やGoolge検索で、先ほどの「中イキ できない」というキーワードを打ち込んでみると知ることができます。ネットって便利ですね!

知り合いの人妻にもその生の意見を聞くことができたので、ちょっと紹介してみますね。
念のため書いておきますが、特に不倫関係とかではないですよ(笑)

旦那とのセックスで中イキしたことないそうです。
その前も別の男性とも付き合っていた時も外イキはできるんだけど、中イキできないんだといっていました。

あと、セックスについては、嫌いじゃないので、したくなったときは自分で処理しちゃうそうです。
旦那としないのか聞いたところ、旦那とは、やりたくないとのこと。
原因は、普段からの不満が積もり積もって、そんな気が起きないそうで、でも外に求めることは理性が許さないと言ってました。
なので、当然、旦那の浮気も許せないとのことです。

こう書くと、中イキ、外イキどころの話ではなく、普段の接し方の問題になってますね。(汗)

なので、こんな状態になってしまっている場合は、中イキ、外イキを考える前に、嫁を愛していたころの気持ちを思い出して、嫁を思いやることから始めないとダメですね。

お互いに気持ちよく

とりあえず、顔も見たくない状態になってしまっている場合は置いといて、そこまでいってなくて、ただ嫁がやらせてくれないという状態の場合に、まずすることは、あなたの性欲はいったん棚に上げておいて、嫁の立場になって、嫁があなたになにをしてほしいと思っているか考えることです。

これはセックスする時ではなくて、普段の生活において何を求めているか考えるということです。

確かに、あなたは仕事を終えて、家にかえったら、ゆっくりと休みたいかもしれません。
しかし、それは嫁も同じことです。
たまに、料理を作るとか子供の面倒をきちんと見るとか、家事の分担をしてみることで、嫁のあなたへの評価が上がるはずです。

嫁を変えることはできませんが、あなたが変わることはできるはずです。

あなたが変われば、嫁も変わっていくはずです。

嫁がやらせてくれなくてとなやんでいたら、まずは性欲を横において、嫁が何を望んでいるか一度考えてみてくださいね。

この状態をクリアして、嫁とやれるようになったら、こんなものも使ってみる機会ができるかもしれませんよ!